アマリリス

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

Hippeastrum hybridum

南アメリカのペルーやブラジルが原産です。17世紀の終わりにヨーロッパに伝えられ、その後、多くの園芸品種が作出されました。現在の園芸品種の多くはオランダで育成されたものです。5月から6月ごろ、葉とともに、中空の花茎を伸ばして大きな花を咲かせます。夏以降、地上部は枯れて休眠に入ります。名前は、ローマの詩人ベルギウス(Vergilius)の詩歌に登場する、羊飼いの娘に因むそうです。 
ユリ科ヒッペアストルム属の多年草で、学名は Hippeastrum hybridum。英名は Amaryllis。 
Amaryllis (Hippeastrum hybridum) belongs to the Liliaceae (the Liliy family). It is a perennial herb that is native to Peru and Brazil. It was introduced into Europe in the last days of 17th century and raised many cultivars. Most of them were cross breeded in Holland. The midair stalks are borne and bloom large flowers from May to June. The terrestrial is blighted and diapause in summer. 'Amaryllis' is taken from a shepherdess in Virgil's pastoral. 
[上・中1〜2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2008年10月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2005年12月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] 同上にて、2006年02月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)
中5・中6] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年04月11日撮影。
[中7] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2010年05月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] イギリス・スコットランド・ロックカーロン「アタデールガーデン」にて、2016年06月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp