アメリカンブルー

Evolvulus glomeratus

Evolvulus glomeratus

Evolvulus glomeratus

Evolvulus glomeratus

Evolvulus glomeratus

ブラジルからパラグアイに分布しています。開けた大平原やプレーリ
ーに生え、高さは30センチほどになります。古くなると茎は木質化し
ます。葉は卵形で、明るい灰色の綿毛に被われています。花は淡い
ふじ色から青色で白色の咽があり、夏から秋に咲きます。
ヒルガオ科アサガオガラクサ属の亜低木で、学名は Evolvulus
glomeratus。英名は Blue daze。
Blue daze (Evolvulus glomeratus) belongs to the Convolvulaceae (the
Bindweed family). It is an evergreen subshrub that is native to Brazil and
Paraguay. This subshrub grows in open plains and prairies, and can reach
about 30 cm in height. The stems become woody as they age. The leaves
are ovate, covered with light gray wooly hairs. The flowers are pale
lavender or blue with white throats, and bloom in summer and fall.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中3・下] 大阪府高槻市「京都大学付属古曽部温室」にて、
2002年01月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp