アメリカえんれいそう (アメリカ延齢草) [Index] [Back]

Trillium cuneatum

Trillium cuneatum

アメリカの南東部に分布しています。湿り気のある高原の林内に生え、高さは30センチほどになります。葉は卵状菱形で白っぽい斑があり、3個が輪生します。花は黒褐色で、3月か4月ごろ咲きます。
ユリ科エンレイソウ属の多年草で、学名は Trillium cuneatum。
英名は Nodding trillium。
Nodding trillium (Trillium cuneatum) belongs to Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to southeastern United States. This herb grows in wettish upland woods, to 400 m elevationm and can reach about 30 cm in height. The leaves are three, ovate-diamond, whitish-mottled, and arranged in whorl. The flower is black-brown and bloom from March to April.
長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、2009年04月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp