アメリカふうろ (アメリカ風露)

Geranium carolinianum

Geranium carolinianum

Geranium carolinianum

Geranium carolinianum

Geranium carolinianum

Geranium carolinianum

Geranium carolinianum

北アメリカが原産です。わが国では、昭和時代の初めに京都市の深
草で、はじめて見つけられました。今では帰化して、本州から九州に
かけて広がっています。高さは10〜50センチくらいになり、葉は掌
状に5〜7裂します。5月から9月ごろに、葉腋から花柄をだして、先
端に淡紅色や白色の5弁花を咲かせます。
フウロソウ科フウロソウ属の一年草で、学名は Geranium
carolinianum。英名は Carolina geranium。
Carolina geranium belongs to the Geraniaceae (the Geranium family). It is
an annual herb that is native to North America. This herb was introduced
into Japan in early Showa Era (about 80 years ago). Nowadays, It is
naturalized from Honshu to Kyushu of Japan. It can reach 10-50 cm in
height, and the leaves are divided into 5-7 lobes. The pale pink to white
5-petaled flowers come on the axillary peduncles from May to September.
[上・中1・中4] 大阪府枚方市招提元町にて、
2007年05月16日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年05月15日撮影。
[中5・下] 千葉県香取市大角にて、2011年05月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp