アメリカふよう (アメリカ芙蓉)

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

Hibiscus moscheutos

北アメリカが原産です。高さは1〜2メートルになります。別名で「くさふよう(草芙蓉)」とも呼ばれています。6月から10月ごろ、上部の葉腋に大きな花をひとつずつ咲かせます。花色には、白色やピンク色、赤色、覆輪などがあります。耐寒性が強く、地上部は枯れても、根は残って越冬します。 
アオイ科フヨウ属の多年草で、学名は Hibiscus moscheutos。
英名は Swamp rose mallow。 
The Swamp rose mallow (Hibiscus moscheutos) belongs to Malvaceae (the Mallow family). It is a perennial herb that is native to North America. This herb can reach 1-2 m in height. The large flowers bloom on the upper axils from June to October. The flower-color is white, pink, red or marginal variegation. It is cold tolerant, and passes the winter by remaining underground roots. 
[上・中1〜3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年07月22日撮影。
[中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年07月11日撮影。
[中5・中6] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] 同上にて、2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 福島県塙町片貝にて、2013年09月08日撮影。
[中10・下] 千葉県成田市「千葉県花木センター」にて、
2013年10月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp