アメリカがしわ (柏)

Quercus palustris

Quercus palustris

Quercus palustris

Quercus palustris

Quercus palustris

アメリカの東部から中部に分布しています。「レッドオーク(Red oak)」
の仲間で、高さは20〜25メートルになります。よく分枝して、ピラミッ
ド形の樹形になります。「レッドオーク」に特有の葉で、不規則に5〜
9深裂し、互生します。春、葉の展開と同じ時期に、雌花と雄花を咲
かせます。どんぐりは「くぬぎ(櫟)」に似ていて、2年後の秋に熟しま
す。
ブナ科コナラ属の落葉高木で、学名は Quercus palustris。
英名は Pin oak。
Pin oak (Quercus palustris) belongs to Fagaceae (Beech family). It is a
deciduous tall tree that is native to eastern and central United States. This
tree is a related species of Red oak and can reach 20-25 m in height. It is
much branched and forms conical crown. The leaves are irregularly divided
into 5-9 lobes and alternate. The female and male flowers come in
springtime as soon as foliation. The fruits are similar to Sawthorn oak and
mature in next year's fall.
[上・中1] アメリカ・ニューヨーク市「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[中2〜3・下] 愛知県安城市「デンパーク」にて、
2007年11月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp