アメリカひとつばたご (アメリカ一つ葉たご)

Chionanthus virginicus

Chionanthus virginicus

Chionanthus virginicus

Chionanthus virginicus

Chionanthus virginicus

アメリカの南東部、ニュージャージー州から南へフロリダ州、西へはオクラホマ州とテキサス州に分布しています。サバンナや低地に生え、高さは10メートルほどになります。樹皮はうろこ状で、褐色で赤みを帯びています。葉は卵形または長楕円形で全縁、対生して、秋には黄葉します。5月、葉が半分ほど展開したころ、豊かな芳香のある白色の花を、しな垂れた腋性の円錐花序に咲かせます。果実は卵形で濃青色から紫色の核果で、夏の終わりから秋の中頃に熟します。 
モクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉小高木で、学名は Chionanthus virginicus。英名は Fringe tree、White fringetree。 
Fringe tree (Chionanthus virginicus) belongs to the Oleaceae (the Olive family). It is a small deciduous tree that ia native to the southeastern United States, from New Jersey south to Florida, and west to Oklahoma and Texas. This tree grows in savannas and lowlands, and it can reach about 10 m in height. The bark is scaly, brown tinged with red. The leaves are opposite, ovate or oblong, with entire margin, and turn yellow in fall. The richly-scented, white flowers bloom in the drooping axillary panicles, when the leaves are half grown in May. The fruits are ovoid dark blue to purple drupes, mature in late summer to mid fall. 
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp