アメリカほどいも (塊芋)

Apios americana

Apios americana

Apios americana

Apios americana

Apios americana

アメリカの東部から中部に分布しています。湿り気のある薮に生え、
蔓性で3メートルほどに伸びます。地下茎に、親指ほどの塊茎を数珠
状につけ、昔からこれをインディアンの人々は食用にしてきました。
「やまいも」の珠芽を茹でたような味で、栄養価が高いといいます。
わが国へは明治時代の中頃に渡来しました。6月から9月ごろ、暗
赤紫色の蝶形花を咲かせます。
マメ科ホドイモ属の多年草で、学名は Apios americana。
英名は Ground nut, Apios。
Ground nut belongs to Fabaceae (Pea family). It is a perennial herb that is
native to eastern and central United States. This herb occurs in wet bushes.
It is a trailing vine and can reach about 3 m long. The dark magenta
papilionaceous flowers come in June through September. The beaded
tubers grow thickening under ground, and American Indians has been used
them for food from the ancient days. The tuber has a taste similar to
propagule of glutinous yam and rich in nutrients. This herb was introduced
into Japan in the middle of Meiji Era (about 120 years ago).
[上・中1〜2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。
[中3・下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年09月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp