アメリカいぬほおずき (犬酸漿)

Solanum americanum

Solanum americanum

Solanum americanum

Solanum americanum

Solanum americanum

北アメリカが原産です。わが国へは第二次大戦後に渡来しました。林縁や草地に生え、多く分枝して広がり、高さは20〜30センチになります。7月から9月ごろ、淡紫色または白色の花を咲かせます。「いぬほおずき」に似ていますが、茎が細いこと、葉が少し狭いこと、果実に光沢があるなどの違いがあります。 
ナス科ナス属の一年草で、学名は Solanum americanum。
英名は American nightshade。 
American nightshade (Solanum americanum) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is an annual herb that is native to North America, and introduced into Japan after World War 2. This herb occurs in forest edges and fields, much-branched and can reach 20-30 cm in height. During July to September, pale purple to white flowers are seen. This herb looks like black nightshade, but varies according to slender stem, narrower leaf and glossy fruit. 
[上・中1] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中2] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2006年12月20日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市田原台にて、2003年10月09日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州メンドシーノにて、
2016年09月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp