アメリカかんぼく (アメリカ肝木)

Viburnum trilobum

Viburnum trilobum

Viburnum trilobum

Viburnum trilobum

Viburnum trilobum

Viburnum trilobum

Viburnum trilobum

Viburnum trilobum

Viburnum trilobum

カナダ南部のニューファウンドランドからブリティッシュコロンビア州、それにアメリカ北部のニュージャージー州からミシガン州、サウスダコタ州にかけて分布しています。山地に生え、高さは3メートルほどになります。6月ごろ、散房花序をだし、淡いクリーム色を帯びた白い花を咲かせます。果実は、7月から9月ごろに赤く熟して、食用となります。 
スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、学名は Viburnum trilobum。
英名は American cranberry。 
American cranberry (Viburnum trilobum) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a small deciduous tree that is native to southern Canada, from Newfoundland west to British Columbia and the northen United States, from New Jersey west to Michigan and South Dakota. This tree grows in mountains, and can reach about 3 m in height. The corymbs are borne, and the pale cream tinged white flowers bloom in June. The fruits are edible and ripen red from July to September. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月12日撮影。
[中2] 同上にて、2005年07月27日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2009年08月14日撮影。
[中5・中6] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・下] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp