アメリカのうぜんかずら (アメリカ凌霄花)

Campsis radicans

Campsis radicans

Campsis radicans

Campsis radicans

Campsis radicans

Campsis radicans

Campsis radicans

Campsis radicans

Campsis radicans

アメリカの東南部からメキシコ湾岸に分布しています。林縁などに生え、気根をだして他の樹木やフェンスなどに絡みついて伸び、高さは12メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉で、卵形の小葉が7〜15個つきます。夏から初秋にかけて、茎頂に円錐花序をだし、黄橙色から赤色の筒状花を咲かせます。「のうぜんかずら」とよく似ていますが、全体に小型で、花筒が長いことが特徴です。ケンタッキー州の州花です。 
ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の落葉蔓性木本で、学名は Campsis radicans。英名は Trumpet vine。 
The Trumpet vine (Campsis radicans) belongs to Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is a deciduous woody vine that is distributed from the south-eastern United States to the Gulf coast of Mexico. This vine grows in woodland margines and climbs up adjacent trees or fences by the aerial roots and can reach about 12 m in height. The leaves are odd-pinnate compound with 7-15 ovate leaflets. The panicles are borne on the stem apices and bloom yellow-orange to red tubular flowers from summer to fall. This tree is a state flower of Kentucky. 
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中4] 同上にて、2006年07月22日撮影。
[中1] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2003年06月11日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年06月20日撮影。
[中5・中6] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」
にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・下] 静岡県熱海市「アカオハーブ&ローズガーデン」にて、
2013年08月02日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp