アメリカおおもみ (アメリカ大樅) [Index] [Back]

Abies grandis

Abies grandis

Abies grandis

Abies grandis

カナダのブリティッシュコロンビア州南部から南に海岸沿いを、カリフォルニア州まで分布しています。渓谷や山地の斜面に生え、高さは30〜60メートルになります。樹冠は細く尖り、枝はやや垂れ下がります。樹皮は褐色で、狭い鱗片状に深く割れます。葉は針形で、上面は照りのある濃緑色、下面は銀白色です。そして軸とほとんど直角に2列に並びます。果実は円筒形の球果で、枝の最上部に直立します。
マツ科モミ属の常緑高木で、学名は Abies grandis。英名は Grand fir。
Grand fir (Abies grandis) belongs to the family Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is native from southern British Columbia south to along coast California. This tree grows in valleys and mountain slopes, and it can reach 30-60 m in height. The crown is narrow, pointed with slightly drooping branches. The bark is brown and becoming deeply furrowed into narrow scaly ridges. The leaves are needles, shiny dark green above, silvery white beneath, and spreading almost at right angles in two rows. The fruits are cylindrical cones and upright on topmost twigs.
アメリカ・オレゴン州「デシューツ国有林」にて、
2013年06月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp