アメリカりょうぶ (アメリカ令法) [Index] [Back]

Clethra alnifolia

Clethra alnifolia

北アメリカの東部、ノバスコシア州南部・メーン州からフロリダ州北部、それから西にテキサス州東部に分布しています。湿った森林や低地の森林地帯、湿地帯などに生え、高さは1.5〜3メートルになります。葉は倒卵形から長楕円形で、鋸歯があります。葉は初めは緑色ですが、秋には濃黄色に黄葉します。夏の終わりごろ、白色から淡ピンク色で甘い芳香のある花を、総状花序に咲かせます。果実は刮ハで、かたちが干した胡椒の実に似ています。
リョウブ科リョウブ属の落葉低木で、学名は Clethra alnifolia 。
英名は Sweet pepperbush。
Sweet pepperbush (Clethra alnifolia) belongs to Clethraceae (Clethra family). It is a small deciduous tree that is native to eastern North America, from southern Nova Scotia and Maine south to northern Florida, and west to eastern Texas. This tree grows in wet forests, pine flatwoods or wetlands, and can reach 1.5-3 m in height. The leaves are obovate to oblong with toothed margins. They are green at first and turning yellow-golden in fall. The white to pale pink, sweet fragrant flowers bloom in racemes in late summer. The fruits are capsules resembling peppercorns in appearance.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp