アメリカさいかち (アメリカ皀莢)

Gleditsia triacanthos

Gleditsia triacanthos

北アメリカの東部が原産です。現在では、ヨーロッパの中部や南部に
帰化も見られます。河岸や峡谷などに生え、高さは20〜30メートル
になります。樹皮は幼木では灰褐色で平滑ですが、成長すると縦の
割れ目ができ剥離します。枝はジグザグに曲がり、赤褐色から淡褐
色です。鋭い棘が生えています。葉は1〜2回偶数羽状複葉で、小
葉は卵形から楕円形です。晩春から初夏にかけて、花序を下垂さ
せ、芳香のある小さな黄緑色の花を咲かせます。果実は莢果で、長
さは15〜20センチあり、夏の終わりから初秋に熟します。
マメ科サイカチ属の落葉高木で、学名は Gleditsia triacanthos。
英名は Honey locust。
オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月31日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp