アメリカすみれさいしん (アメリカ菫細辛)

Viola sororia

Viola sororia

Viola sororia

Viola sororia

Viola sororia cv. Priceana

Viola sororia cv. Priceana

Viola sororia cv. Priceana

Viola sororia cv. Freckles

Viola sororia

北アメリカの東部、カナダのニューファンドランド州からアメリカのジョージア・アーカンソー州にかけて分布しています。湿り気のある林内や草地、道ばたなどに生え、高さは7.5〜20センチになります。太い根茎があるのが特徴です。葉は心形で、基部は丸く巻き込みます。3月から6月ごろ、花茎の先に青色から紫色、白色の花を咲かせます。写真中4から中6は園芸品種の「プリセアナ(cv. Priceana)」、中7は「フレックレス(cv. Freckles)」。
スミレ科スミ属の多年草で、学名は Viola sororia。
英名は Common blue violet。
Common blue violet belongs to the Violaceae (the Viola family). It is a perennial herb that is native to eastern North America, from Newfoundland of Canada to Georgia-Arkansas of United States. This herb grows in wet forests, grasslands or roadsides and can reach 7.5-20 cm in height. It is defined by thick rootstocks. The leaves are cordate, twist up at the bases. The blue to purple or white flowers come on the stalks from March to June. The 4th to 6th photos are a cultivar 'Priceana', and the 7th one is 'Freckles'.
[上・中1〜3] 埼玉県さいたま市「田島ヶ原」にて、
2010年04月11日撮影。
[下] 同上にて、2012年04月01日撮影。
[中4〜中6] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、
2006年05月09日撮影。
[中7] 長野県伊那市西春近「かんてんぱぱガーデン」にて、
2007年05月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp