アメリカたにわたりのき (アメリカ谷渡りの木)

Cephalanthus occidentalis

Cephalanthus occidentalis

Cephalanthus occidentalis

Cephalanthus occidentalis

北アメリカに分布しています。湿地や湿り気のある林に生え、高さは
5〜7メートルほどになります。葉は楕円形で、対生または輪生しま
す。6月から7月ごろ、球形花序に小さな黄白色の筒状花を咲かせ
ます。とびだした雄しべが目立ちます。果実は8月から11月ごろ、暗
褐色に熟します。食べると有毒だそうです。
アカネ科ケファランツス属の落葉低木で、学名は Cephalanthus
occidentalis。英名は Buttonbush, Honey bells。
Buttonbush belongs to Rubiaceae (Madder family). It is a deciduous small
tree that is native to North America. This tree occurs in swamps or wet
woodlands and can reach 5-7 m in height. The leaves are elliptic and
opposite or whorled. The spherical inflorescences are borne and bloom
small yellowish-white tubular flowers from June to July. The exserted
stamens are conspicuous. The fruits are ripen in August to November.
They are poisonous if eated.
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中2・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年07月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp