アメリカとがさわら (アメリカ栂椹)

Pseudotsuga menziesii

Pseudotsuga menziesii

Pseudotsuga menziesii

Pseudotsuga menziesii

Pseudotsuga menziesii

北アメリカの太平洋岸、カナダのブリティッシュコロンビア州からアメリカ西部、メキシコの中部に分布しています。海岸沿いから亜高山帯の湿り気のあるところに生え、高さは25〜60メートルになります。樹皮は赤褐色で厚く、深い割れ目が入ります。葉は長さ2〜3センチの線形で、ほとんど2列につきます。果実は球果で、鱗片のあいだから独特な苞が出るのが特徴です。
マツ科トガサワラ属の常緑高木で、学名は Pseudotsuga menziesii。
英名は Douglas fir、Douglas spruce、Oregon pine。
Douglas fir (Pseudotsuga menziesii) belongs to the family Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is native to the Pacific Coast of North America from British Columbia to the western United States and central Mexico. This tree grows in the wet areas from near coast to subalpine, and it can reach 25-60 m in height. The barks are red-brown, thick, and deep furrowed. The leaves are linear 2-3 cm long, and mostly arranged in two rows. The fruits are strobiles which having characteristic of the distinctive bracts between scales.
[上・中1〜2] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] アメリカ・カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にて、
2008年08月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp