アメリカざいふりぼく (アメリカ采振木) [Index] [Back]

Amelanchier canadensis

Amelanchier canadensis

Amelanchier canadensis

Amelanchier canadensis

Amelanchier canadensis

Amelanchier canadensis

北アメリカの東部に分布しています。湿り気のある土地に生え、高さは8メートルほどになります。葉は卵形から卵状長楕円形で細かい鋸歯があり、若いときには柔らかい毛が生えます。葉は、秋になると黄色から赤色に紅葉します。花は白色で、狭い5個の花弁があり、早春に咲きます。果実は丸いナシ状果で、甘くて食用になり、初夏に紫色に熟します。別名で「ジューンベリー」とも呼ばれます。
バラ科ザイフリボク属の落葉低木で、学名は Amelanchier canadensis。英名は Juneberry、Canadian serviceberry。
Juneberry (Amelanchier canadensis) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native to eastern North America. This tree grows in moist soils and can reach about 8 m in height. The leaves are ovate to ovate-oblong and finely saw-toothed with soft hairs when young. They turn yellow to red in fall. The flowers are white with five narrow petals, and bloom in early spring. The fruits are round pome, edible and sweet, and ripen purple in early summer.
[上・中1] 群馬県六合(くに)村「花楽の里」にて、
2009年04月26日撮影。
[中2・中3] 茨城県神栖市太田新町にて、2013年04月06日撮影。
[中4・下] 同上にて、2013年06月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp