アナクア [Index] [Back]

Ehretia anacua

Ehretia anacua

アメリカのテキサス州からメキシコ東部に分布しています。ふつうは乾燥した丘陵に生え、潅木の茂みを形成しますが、峡谷などの湿ったところでは1本立ちします。葉は卵形で、サンドペーパーのような表面です。春に、芳香のある白い星形の花を咲かせます。果実は多肉質で液果に似て、黄色からオレンジ色に熟して食べることができます。
ムラサキ科チシャノキ属の半常緑小高木で、学名は Ehretia anacua。英名は Anacua, Sugarberry, Knockaway。
Anacua belongs to Boraginaceae (Borage family). It is a semi-evergreen semi-tall tree that is native to Texas and eastern Mexico. This tree is commonly a shrub forming thickets on dry hillsides or a forest tree in moist soils of river valleys. The leaves are ovate and sandpaper rough on the upper sueface. The fragrant, white and star-shaped come in spring. The fruits are berry-like and fleshy, edible and ripen yellow to orange.
アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp