アナナス・ナヌス

Ananas nanus

Ananas nanus

Ananas nanus

Ananas nanus

ブラジルを中心とするアマゾン川流域に分布しています。高さは50
センチほどになります。葉は肉厚で、縁には鋭い棘があり内側に湾
曲します。茎の先に穂状花序をつけ、淡い紫色の花を咲かせます。
果実は、小さなパイナップルのような集合果ですが、小さくて食用に
はなりません。別名で「ミニパイナップル」とも呼ばれます。
パイナップル科パイナップル属の常緑多年草で、学名は Ananas
nanus。英名は Miniature pineapple。
Miniature pineapple (Ananas nanus) belongs to Bromeliacea (the Pine apple
family). It is an evergreen herb that is native to the Amazonian region where
center on Brazil. This herb can reach about 50 cm in height. The leaves are
fleshy and inflected inside with acute spines on edges. The pale purple
flowers bloom on the spikes. The fruits are small aggregate and resemble to
pineapple though they are unsuited for food.
[上・中1] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2008年12月06日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年01月12日撮影。
[下] 同上にて、2004年09月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp