アンクーサ・アズレア [Index] [Back]

Anchusa azurea

Anchusa azurea

ヨーロッパから西アジアが原産です。よく分枝して、高さは60〜150センチになります。葉は披針形で、白い剛毛に被われています。6月から8月ごろ、明るい紫青色の筒状花を咲かせます。柔らかい茎は、茹でたり蒸したり、揚げ物にして食べるそうです。
ムラサキ科ウシノシタグサ属の多年草で、学名は Anchusa azurea。
英名は Italian bugloss。
The Italian bugloss (Anchusa azurea) belongs to the family Boraginaceae (the Borage family). It is a perennial herb that is native to Europe and western Asia. This herb is well branched and can reach 60-150 cm in height. The leaves are lanceolate and covered with white bristles. The bright violet-blue, petite tubular flowers bloom from June to August. The tender stems are used as boiled, steamed or fried food.
ギリシャ・フィリッピにて、2014年09月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp