アンドロキンビウム・キリオラツム

Androcymbium ciliolatum

Androcymbium ciliolatum

Androcymbium ciliolatum

南アフリカのナンカランドからピケットバークに分布しています。湿潤
な砂地に生え、高さは12センチほどになります。球茎をもち、2個の
披針形の根生葉があります。1月から2月ごろ、白桃色の苞葉のな
かに、目立たない小さな白い花をいっぱい咲かせます。
ユリ科アンドロキンビウム属の多年草で、学名は Androcymbium
ciliolatum。英名はありません。
Androcymbium ciliolatum belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial
herb that is distributed in western Suoth Africa, Namqualand to Piketberg.
This herb occurs in wet sand soils and can reach about 12 cm in height. The
corm is ovate and comes into 2 lanceolate leaves. Many inconspicuous
white flowers come with the whitish pink bracts form January to February.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年01月15日撮影。
[中・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2005年01月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp