アンドロサケ・ラクテア [Index] [Back]

Androsace lactea

Androsace lactea

ヨーロッパが原産です。山地の砂礫地に生え、高さは5〜15センチになります。葉は線形で全縁です。初夏に、長い花梗を伸ばして散形花序をつけ、花を咲かせます。花冠は白色で、黄色い咽部があります。
サクラソウ科トチナイソウ属の多年草で、学名は Androsace lactea。
英名はありません。
Androsace lactea belongs to Primulaceae (Primrose family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb occurs in montane rocks and screes and can reach 5-15 cm in height. The leaves are linear and entire. The flowers are borne in long pedunculate umbel in early summer. The corolla is white with a yellow eye.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp