アンドロサケ・リンプリヒティー

Androsace limprichtii

Androsace limprichtii

中国中南部、四川省西部から雲南省に分布しています。標高3000
〜4100メートルの岩礫地の斜面に生え、高さは10〜15センチに
なります。外側の葉は卵形から広披針形、中間の葉はへら形、内側
の葉は披針形から倒卵状披針形で、長くて白い軟毛に被われ、ロゼ
ットを形成します。春、花茎を伸ばして散形花序をつけ、白色からピ
ンク色の花を咲かせます。
サクラソウ科トチナイソウ属の多年草で、学名は Androsace
limprichtii。英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp