アンドロサケ・ウィタリアナ [Index] [Back]

Androsace vitaliana

Androsace vitaliana

ヨーロッパに分布しています。標高1800〜2300メートルの石灰岩質の礫地に生え、高さは4〜6センチになります。単独でも生育できますが、ふつうは密なクッションを形成しています。葉は長楕円形で、散在した星状毛があります。5月から7月ごろ、花弁と雄しべがそれぞれ5個ある、黄色い花を咲かせます。果実は種子が2〜3個入った楕円体の刮ハです。 
サクラソウ科トチナイソウ属の多年草で、学名は Androsace vitaliana。英名はありません。 
Androsace vitaliana belongs to Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in limestone rocky soils, at 1800-2300 m elevation, and it can reach 4-6 cm in height. It can be lonely, but usually forms dense cushions. The leaves are oblong with cattered stellate hairs. The yellow flowers, 5 petals and 5 stamens, bloom from May to July. The fruits are spheroidal capsules with 2 or 3 seeds. 
スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp