アネモプシス・カリフォルニカ [Index] [Back]

Anemopsis californica

Anemopsis californica

Anemopsis californica

アネモプシス属にはひとつの品種、アネモプシス・カリフォルニカしかありません。北アメリカの南西部に分布しています。非常に湿った土壌や浅い水瀬に生え、高さは30センチほどになります。葉はほとんどが根生し、茎葉は鞘苞に包まれています。早春に、4〜9個の大きな白色の苞に取り囲まれた、象徴的な白色の花を咲かせます。アネモプシス・カリフォルニカは、膣カンジダ症の治療する抗菌剤として利用されています。 
ドクダミ科アネモプシス属の多年草で、学名は Anemopsis californica。英名は Yerba mansa、Lizard tail。 
Yerba mansa (Anemopsis californica) belongs to the Saururaceae (Lizard's-tail family). Anemopsis has only one species, Anemopsis californica. It is a perennial herb that is native to southwestern North America. This herb grows on very wet soil or shallow water, and can reach about 30 cm in height. The leaves are mostly basal, and the stem leaves are subtended by a sheathing bract. The iconic white flowers are borne in early spring, and are surrounded by 4-9 large white bracts. Yerba mansa is used as an antimicrobial, and to treat vaginal candidiasis. 
アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにて、2010年07月03日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp