アネモネ・ナルキシフローラ [Index] [Back]

Anemone narcissiflora

Anemone narcissiflora

Anemone narcissiflora

Anemone narcissiflora

Anemone narcissiflora

Anemone narcissiflora

Anemone narcissiflora

Anemone narcissiflora

Anemone narcissiflora

北半球の周極地方に分布しています。高山帯の草地などに生え、高さは50〜60センチになります。葉は掌状複葉で、毛に被われています。5月から6月ごろ、茎頂に散形花序をだし、3〜8個の白色の花を咲かせます。わが国の「はくさんいちげ(Anemone narcissiflora var. nipponica)」の基本種にあたります。
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、学名は Anemone narcissiflora。英名は Narcissus-flowered anemone。
The Narcissus-flowered anemone (Anemone narcissiflora) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is distributed in the circumpolar. This herb grows in alpine meadow and can reach 50-60 cm in height. The leaves are palmately compound and hirsute. The 3-8 flowered umbels are borne and bloom white flowers from May to June.
[上] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中1〜中3] 同上にて、2007年06月27日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7] 同上にて、2013年07月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2013年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 同上にて、2008年06月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp