アネモネ・ラヌンクロイデス [Index] [Back]

Anemone ranunculoides

ヨーロッパの大部分に分布しています。林や河岸などに生え、高さは10〜30センチになります。茎は分枝しません。根生葉は1個で、3〜5浅裂して大きな鋸歯があり、長い葉柄があります。茎葉は3輪生し、小葉は細かく羽状分裂しています。5月から6月ごろ、5〜8個の萼片からなる黄色い花を咲かせます。真夏までには枯れて、地下茎で残ります。
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、学名は Anemone ranunculoides。英名は Yellow wood anemone。
Yellow wood anemone (Anemone ranunculoides) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to most of Europe. This herb grows in forests or stream banks and can reach 10-30 cm in height. The stem is unbranched. The basal leaf is 3-5 lobed and large-toothed with long petioles. The cauline leaves are three whorled with narrow and pinnatifid leaflets. The yellow flowers with 5-8 tepals bloom from May to June. This herb is dying back down to its rhizomes by mid summer.
クロアチア・プリトヴィッツェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp