アングレクム・コンパクツム

Angraecum compactum

Angraecum compactum

マダガスカル島が原産です。着生ランで、茎の長さは30センチほど
になります。線形の葉は革質で2列につきます。初夏、花茎を下垂さ
せて白色の花を咲かせます。唇弁は大きく、湾曲した長い距があり
ます。
ラン科アングレクム属の常緑多年草で、学名は Angraecum
compactum。英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年10月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp