アングレクム・エブルネウム

Angraecum eburneum

Angraecum eburneum

Angraecum eburneum

マダガスカル島およびその周辺の諸島に分布しています。アングレク
ム属のなかで最大の種で、海岸付近に生え、高さは1メートルになり
ます。葉は厚く皮質で、暗い黄みがかった緑色をしています。花は冬
咲きで、緑色の花弁に白い唇弁があります。芳香があり、夜行性の
蛾によって媒介されます。
ラン科アングレクム属の常緑多年草で、学名は Angraecum
eburneum。英名はありません。
Angraecum eburneum belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an
evergreen perennial herb that is distributed in the Madagascar Island and
surrounding islands. This is a most large species, occurs in the coastal areas
and can reach about 1 m in height. Leaves are thick and leathery, dark
yellowish green. The flowers come in winter and the petals are green with
white labial palps. It is fragrant and nocturnal moth-pollinated flower.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp