アンゲロニア (細葉アンゲロン草)

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

Angelonia angustifolia

メキシコから西インド諸島に分布しています。茎は直立し、高さは30〜45センチになります。葉は披針形で、縁には鋸歯があります。わが国では5月から10月ごろ、温度さえあれば一年中、葉腋から横向きに淡い藤色から紫色、青色などの花を咲かせます。園芸品種も豊富で、花色に白色や複色もあります。和名では「ほそばアンゲロンそう(細葉アンゲロン草)」と呼ばれます。 
ゴマノハグサ科アンゲロニア属の常緑多年草で、学名は Angelonia angustifolia。英名は Narrowleaf angelon、Summer snapdragon。 
Narrowleaf angelon (Angelonia angustifolia) belongs to the Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native to Mexico and the West Indies. This herb is erect and can reach 30-45 cm in height. The leaves are lanceolate with toothed edges. The pale wisteria violet to pueple or blue flowers come in the axiles from May to October in temperate areas. There are many cultivers with white or brown flower colors. 
[上・中1] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中2] スイス・ベルン州・インターラーケン「ハーダークルム」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3〜中9] 名古屋市港区「ブルーボネット」にて、2017年08月03日撮影。
[中10・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2017年09月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp