アングレクム・レオニス

Angraecum leonis

Angraecum leonis

Angraecum leonis

Angraecum leonis

インド洋西部のマダガスカル島とコモロ諸島に分布しています。茎は
ほとんどなく、多肉質で扁平な剣状の葉をつけます。冬に花茎を伸ば
して、白色の花を咲かせます。長さ7〜9センチの距が目立ちます。
ラン科アングレクム属の常緑多年草で、学名は Angraecum leonis。
英名はありません。
Angraecum leonis belongs to Orchidaceae (the Orchid family). It is an
evergreen perennial herb that is native to Madagascar and Comoro Islands,
in the west Indian Sea. The stem is little short and come into compressed
ensiform leaves. The white flowers are borne on a spike in winter with
prominent spurs 7-9 cm long.
[上] 静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。
[中1・中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年02月04日撮影。
[下] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2008年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp