アングレクム・スペルブム

Angraecum comorense cv. Gwen Copley

Angraecum comorense cv. Gwen Copley

マダガスカル島が原産です。10月から11月ごろ、夜に香る、白色と緑色の花を咲かせます。花は堅くて長さ20センチ以上になる蜜を含んだ距があります。写真は、園芸品種の「グウェン・コプリー(cv. Gwen Copley)」。 
ラン科アングレクム属の常緑多年草で、学名は Angraecum eburneum ssp. superbum (syn. Angraecum comorense)。英名はありません。 
Angraecum eburneum ssp. superbum belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is an evergreen herb that is native to the Madagascar. The night fragrant, white and green flowers bloom in October and November. They have a firm texture nectar-spurs measuring up to 20 cm long. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp