アンティゴノン・レプトプス

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

Antigonon leptopus

メキシコから中央アメリカに分布しています。蔓性で成長が早く、他の樹木などに絡みついて8メートルほどの長さになります。花弁はなく、濃いピンク色をしたハート形の萼片が、初夏から秋まで咲き続けます。別名で「あさひかずら(朝日葛)」とか「にとべかずら(新渡戸葛)」と呼ばれます。 
タデ科アンティゴノン属の常緑小低木で、学名は Antigonon leptopus。英名は Coral vine、Mexican coral vine。 
Coral vine (Antigonon leptopus) belongs to the Polygonaceae (the Knotweed family). It is an evergreen shrub that is distributed from Mexico to Central America. This vine grows quickly, climbs up adjacent trees and can reach about 8 m long. The flower is non-petaled though the dark pink heart-shaped calyx lobes remain to bloom from early-summer to fall. 
[上・中1〜2] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中3〜中5] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年09月19日撮影。
[中6] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月30日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7・中8] 同上にて、2010年09月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9・中10] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11] 沖縄県うるま市にて、2016年09月12日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2016年09月28日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp