アンスリウム・ウェンドリンゲリ [Index] [Back]

Anthurium wendlingeri

Anthurium wendlingeri

中央アメリカのコスタリカが原産です。樹木などに着生し、茎の長さは20センチほどになります。葉は長楕円形で、広がるか下垂し、30〜80センチの長さがあります。肉穂花序は淡緑色から白色で、はじめは真っ直ぐですが、成長するにつれて螺旋状になります。仏炎苞は淡緑色で紫色を帯びます。
サトイモ科ベニウチワ属の常緑多年草で、学名は Anthurium wendlingeri。英名はありません。
Anthurium wendlingeri bolongs to Araceae (Arum family). It is an evergreen perennial herb that is native to Costa Rica. This herb is an epiphyte and the stem can reach about 20 cm long. The leaves are spreading to pendent, oblong and 30-80 cm long. The spadix is pale green to white, straight when young, becoming spiralled in age, 10-80 long. The spathe is pale green tinged purplish.
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp