アヌロカウリス・レイオソレヌス

Anulacaulis leiosolenus

Anulacaulis leiosolenus

アメリカの南西部に分布しています。石膏を含む砂礫地に生え、高さ
は1.2メートルほどになります。不格好なひょろ長い植物で、ほとん
ど円形の葉は基部に対生します。6月から11月ごろ、枝先の花序に
ピンク色から白色のトランペット形の花を咲かせます。英名は、茎を
取り巻くように粘液腺の輪があることによります。
オシロイバナ科アヌロカウリス属の多年草で、学名は Anulacaulis
leiosolenus。英名は Southwestern ringstem。
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp