あんず (杏)

Prunus armeniaca

Prunus armeniaca

Prunus armeniaca cv. Mochi-Anzu

Prunus armeniaca cv. Kyodaimaru

Prunus armeniaca

Prunus armeniaca

Prunus armeniaca

Prunus armeniaca

Prunus armeniaca

Prunus armeniaca

Prunus armeniaca

中国の東北部が原産です。冷涼な気候を好み、高さは4〜9メートルになります。紀元前3000年ごろから栽培されていたといいます。わが国へも平安時代以前に渡来しました。4月ごろ、淡い紅色の花を咲かせます。果実は干し杏やジャムに利用されます。栽培品種としては、長野県千曲市屋代の「鏡台丸」や「平和丸」、山梨県勝沼市の「甲州大実」が有名です。写真中2は「餅杏」、中3は「鏡台丸」。 
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus armeniaca。
英名は Apricot。 
The Apricot (Prunus armeniaca) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to north-eastern China. This tree prefers cool environment and can reach 4-9 m in height. It was been cultivated about 3000 before Christ. It was introduced into Japan before Heian Era (1,200 years ago), The pale rose-pink flowers bloom in April. The fruits are used for dried apricot or Jam. 
[上・中1〜2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年03月29日撮影。
[中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。
[中4] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年05月14日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中5・中6] 同上にて、2012年02月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] 同上にて、2012年04月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8〜9・下] 同上にて、2015年05月08日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp