あおだも (青だも)

Fraxinus lanuginosa f. serrata

Fraxinus lanuginosa f. serrata

Fraxinus lanuginosa f. serrata

Fraxinus lanuginosa f. serrata

わが国の各地をはじめ、千島列島や朝鮮半島に分布しています。
山地に生え、高さは10〜15メートルになります。葉は奇数羽状複葉
で、縁には鋸歯があります。5月から6月ごろ、小さな白い花を咲か
せます。花後には、赤紫色の翼果がみられます。材はスキー板や野
球のバットに使われます。別名で「こばのとねりこ(小葉のとねりこ)」
とも呼ばれます。
モクセイ科トネリコ属の落葉高木で、学名は Fraxinus lanuginosa f.
serrata。英名はありません。
"Ao-damo" (Fraxinus lanuginosa f. serrata) belongs to the Oleaceae (the
Olive family). It is a tall deciduous tree that is distributed to all over Japan,
also the Kuril Islands and the Korean Peninsula. This herb grows in
mountains and can reach 10-15 m in height. The leaves are odd-pinnately
compound with toothed edges. The small white flowers bloom from May
to June. Following bloom, the magenta samaras will be borne. The timber
is used as raw materials of ski and baseball bat.
[上・中1] 長野県木島平村「北ドブ湿原」にて、
2003年07月20日撮影。
[中2・下] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2009年12月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp