あおぎり (青桐)

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

Firmiana simplex

東アジアの亜熱帯から熱帯地方に分布しています。わが国では、本州の伊豆半島や紀伊半島、四国や九州の海岸沿いに見られます。高さは15メートルほどになり、樹皮は滑らかで緑色をしています。大型の葉は浅く掌状に3〜5裂し、枝先近くに互生します。6月から7月ごろ、大きな円錐花序をつけ、小さな黄白色の花を咲かせます。果実は莢果で、枝から下垂します。名前は、葉が「きり(桐)」に似ていて、樹皮が緑色をしていることから。中国では「梧桐」と呼ばれます。 
アオギリ科アオギリ属の落葉高木で、学名は Firmiana simplex。
英名は Chinese parasol tree。 
The Chinese parasol tree (Firmiana simplex) belongs to the family Sterculiaceae. It is a tall decidous tree that is native to sub-tropical or tropical area of East Asia. This tree is distributed from the Izu Penisula and the Kii Penisula of Honshu to Shikoku and Kyushu. This tree grows in coastal area and can reach about 15 m in height. The bark is smooth and green. The leaves are large, 3-5 lobate shallowly and alternate at branching heads. The large panicles are borne and bloom small yellow-white flowers from June to July. The fruits are pods and drooping down from branches. 
[上・中1} 茨城県神栖市太田にて、2008年07月20日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2008年07月17日撮影。
[中7] 同上にて、2008年06月25日撮影。
[中4] 千葉県香取市下飯田にて、2008年08月19日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2008年08月23日撮影。
[中8] 同上にて、2008年05月08日撮影。
[中9・中12] 同上にて、2008年05月07日撮影。
[中13] 同上にて、2009年12月07日撮影。
[中10・中11] アメリカ・ニューヨーク市「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[中14〜15・下] 静岡県三島市清水町「柿田川公園」にて、
2013年08月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp