あおき (青木)

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

Aucuba japonica

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、それに朝鮮半島に分布しています。日当たりのよくない林内に生え、高さは2〜3メートルになります。名前は、枝がいつも青々としていることから。雌雄異株で、3月から5月ごろ、枝先の円錐花序に褐紫色の花を咲かせます。雄花序は大きく広がり、雌花序は小さくまとまっています。秋には緑色の楕円形の果実をつけ、冬はこれが赤く熟します。 
ミズキ科アオキ属の常緑低木で、学名は Aucuba japonica。
英名は Japanese aucuba、Spotted laurel。 
The Japanese aucuba (Aucuba japonica) belongs to the Cornaceae (the Dogwood family). It is a small evergreen tree that is native westward from Kanto district of Honshu to Shikoku, Kyushu and as well as the Korean Peninsula. This tree grows in unsunny forests and can reach 2-3 m in height. It is dioecious. The brownish purple flowers are borne in the terminal panicles from March to May. The male inflorescences are large, wide spread and the female ones are small. The fruits are elliptic and green in fall, ripen red in winter. 
[上] 岐阜県多治見市「内津峠」にて、2007年04月12日撮影。
[中1〜中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。
[中5] 愛知県旭町島崎にて、2005年04月02日撮影。
[中6] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、
2006年04月16日撮影。
[中7・中8] 茨城県つくば市「筑波山」にて、2008年03月29日撮影。
[中9・中10] 千葉県香取市府馬にて、2010年04月01日撮影。
[中11・中12] 群馬県藤岡市保美濃山にて、2010年04月04日撮影。
[中13] 千葉県香取市大角にて、2011年04月18日撮影。
[中14・中15] 群馬県高崎市寺尾「観音山」にて、
2012年04月01日撮影。
[中16] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2013年11月09日撮影。
[中17・中18] 茨城県日立市「高鈴山「にて、2013年11月30日撮影。
[中19] 茨城県笠間市「愛宕山」にて、2014年01月12日撮影。
[中20・中21] 福島県楢葉町「井出林道」にて、
2014年01月26日撮影。
[中22〜中24] 福島県いわき市四倉にて、2014年03月01日撮影。
[中25・中27] 福島県いわき市遠野町滝にて、
2014年04月05日撮影。
[中28〜中30] 栃木県茂木町「高峯山」にて、
2016年02月20日撮影。
[下] 宮城県仙台市青葉区「東北大学植物園」にて、
2017年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp