あおなりひらだけ (青業平竹)

Semiarundinaria fastuosa var. viridis

Semiarundinaria fastuosa var. viridis

Semiarundinaria fastuosa var. viridis

Semiarundinaria fastuosa var. viridis

Semiarundinaria fastuosa var. viridis

Semiarundinaria fastuosa var. viridis

Semiarundinaria fastuosa var. viridis

Semiarundinaria fastuosa var. viridis

なりひらだけ(業平竹)」の変種で、わが国の本州、関東地方南部が原産と考えられています。母種よりも大きく、桿や枝が緑色のままで、葉が細いことが特徴です。関東地方では、庭園によく植栽されています。「あおなりひら(青業平)」とも呼ばれます。
イネ科ナリヒラダケ属のタケ類で、学名は Semiarundinaria fastuosa var. viridis。英名はありません。
"Ao-narihira-dake" (Semiarundinaria fastuosa var. viridis) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a variety of "Narihira-dake" that is thought to be native to southern Kanto district of Honshu. It is larger than the host species, the culms and branches remain green, and the leaves are narrow. This bamboo is often planted in gardens at Kanto district.
[上・中1] 奈良県生駒市「高山竹林公園」にて、
2004年10月14日撮影。
[中2・中3] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、
2006年02月10日撮影。
[中4〜6・下] 静岡県長泉町「富士竹類植物園」にて、
2012年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp