あおのりゅうぜつらん (青の竜舌蘭)

Agave americana

Agave americana

Agave americana

Agave americana

Agave americana

Agave americana

Agave americana

Agave americana

Agave americana

Agave americana

Agave americana

ふつうに「りゅうぜつらん」というと、斑入りの「ふくりんりゅうぜつらん(覆輪竜舌蘭)」を指します。斑の入っていないものが「あおのりゅうぜつらん」です。熱帯アメリカ原産で、わが国には明治のはじめに、繊維をとる原料として渡来しました。芽生えて7〜8年が過ぎると、中央部から花茎を伸ばし、円錐状の花序に多くの管状の花を咲かせます。また蝙蝠(へんぷく)媒花で、花の時期にはコウモリがその蜜を吸いに訪れそうです。花後、結実した株は枯死します。 
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の多年草で、学名は Agave americana。英名は Agave。 
Agave (Agave americana) belongs to the Agavaceae (the Agave family). It is an evergreen perennial herb that is native to tropical America. This herb was introduced into Japan for fabric raw materials in the early days of Meiji Era (about 130 years ago). The leaves are bluish green and unspotted. When this herb is mature (7-8 years after seedling), it grows up the long flower stalks and is borne many tubular flowers in the cornical inflorescences. This is a bat-pollinated flower. After fructification it may be blighted. 
[上・中1〜4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年08月19日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2007年03月01日撮影。
[中7・中8] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9・下] スペイン・バレンシア県プソルにて、2014年07月10日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp