アパッチプルーム

Fallugia paradoxa

Fallugia paradoxa

Fallugia paradoxa

Fallugia paradoxa

Fallugia paradoxa

Fallugia paradoxa

Fallugia paradoxa

アメリカの南西部、テキサス州からカリフォルニア州南部に分布しています。乾燥した砂漠地帯に生え、高さは90〜150センチになります。葉は倒卵形で3〜7深裂し、互生します。常緑ですが干ばつになると落葉します。春に、バラに似た白い花を咲かせます。果実は夏に熟し、淡いピンク色をしたインディアンの羽根飾りのような毛が目立ちます。 
バラ科ファルギア属の常緑小低木で、学名は Fallugia paradoxa。
英名は Apache plume。 
Apache plume (Fallugia paradoxa) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is an evergreen shrub that is distributed to the southwestern United States, from Texas to southern California. This shrub grows in arid desert areas, and can reach 90-150 cm in height. The leaves are obovate, alternate, and divided into 3-7 deeply lobed. It is usually evergreen, though defoliates because of drought. The rose-like white flowers bloom in spring. The fruits ripen in summer, and have highly visible pale pink hairs which resemble to Indian feather decoration. 
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中3] 同上にて、2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2010年07月11日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中5・下] 同上にて、2010年07月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp