アフェランドラ・シンクレリアナ

Aphelandra sinclariana

Aphelandra sinclariana

Aphelandra sinclariana

Aphelandra sinclariana

Aphelandra sinclariana

Aphelandra sinclariana

Aphelandra sinclariana

Aphelandra sinclariana

中央アメリカのコスタリカ、ニカラグアそれにパナマが原産です。アフ
ェランドラ属は、中央・南アメリカの熱帯地域に170種ほどが分布し
ています。高さは3メートルほどになる細い潅木です。冬から春にか
けて、朱色の苞にピンク色から深紅色の花を咲かせます。
キツネノマゴ科アフェランドラ属の常緑小低木で、学名は Aphelandra
sinclairiana。英名はありません。
Aphelandra sinclairiana belongs to Acanthaceae (the Acanthus family). It is
an evergreen shrub that is native to Costa Rica, Nicaragua and Panama of
Central America. Aphelandra genus is distributed about 170 species in
Central and South America. This shrub can reach about 3 m in height. Pink
to dark ponceau flowers covered with vermillion bracts come in winter to
spring.
[上・中1・下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年11月08日撮影。
[中2・中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] 同上にて、2009年02月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp