アプテニア (花蔓草)

Aptenia cordifolia

Aptenia cordifolia

Aptenia cordifolia

Aptenia cordifolia

Aptenia cordifolia

Aptenia cordifolia

南アフリカ原産で、緑色の茎が匍匐して広がり、鮮やかな緑色の多肉質の葉が密生します。和名では「はなつるくさ(花蔓草)」。5月から10月ごろ、鮮やかな紅色の花を咲かせます。「まつばぎく」などと同じメセンブリアンテマム類の仲間です。暖地では、露地で越冬します。 
ツルナ科アプテニア属の常緑小低木で、学名は Aptenia cordifolia。
英名は Baby sun rose。 
The Baby sun rose (Aptenia cordifolia) belongs to the family Aizoaceae (the Ice plant family). It is an evergreen shrub that is native to South Africa. The stem is green and spreads by creeping on the ground. The leaves are green and succulent. It is related to Mesembryanthemum (eg. Fig marigold). The bright rose-pink flowers appear from May to October. It can pass winter in open fields of temperate areas. 
[上・中1〜2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2009年04月07日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2001年10月14日撮影。
[中4・下] ギリシャ・モネンバシアにて、2014年09月23日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp