アクレイギア・アトラータ [Index] [Back]

Aquilegia atrata

Aquilegia atrata

ヨーロッパの山地、アルプスやアペニン山脈に分布しています。標高700〜2000メートルの林内や岩礫地の斜面に生え、高さは40〜80センチになります。葉は2回3出複葉で、小葉は無毛です。5月から7月ごろ、かぎ状の距がある、濃い紫すみれ色の花を咲かせます。
キンポウゲ科オダマキ属の多年草で、学名は Aquilegia atrata。
英名は Dark columbine。
Dark columbine (Aquilegia atrata) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to European mountains; the Alps and the Apennines. This herb grows in woodlands and rocky slopes, 700-2000 m elavation, and can reach 40-80 cm in height. The leaves are 2-trifoliate with glabrous leaflets. The dark purple-violet flowers with hooked spurs bloom from May to July.
スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp