アクイレギア・フォルモーサ [Index] [Back]

Aquilegia formosa

Aquilegia formosa

Aquilegia formosa

Aquilegia formosa

Aquilegia formosa

北アメリカの西部、アラスカ州からバハカリフォルニア、東にはモンタナ・ワイオミング州まで分布しています。林や常緑混交林、針葉樹林などに生え、高さは30〜100センチになります。葉は2回3出複葉で、小葉はさらに3つの部分に分裂しています。4月から8月ごろ、真ん中が黄色で赤色やオレンジ色の花を咲かせます。「ちょう」やハミングバードの大事な蜜源です。
キンポウゲ科オダマキ属の多年草で、学名は Aquilegia formosa。
英名は Western columbine。
Western columbine (Aquilegia formosa) belongs to the family Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to western North America, from Alaska to Baja California, and eastward to Montana and Wyoming. This herb grows in woodlands, mixed-evergreen or coniferous forests, and it can reach 30-100 cm in height. The leaves are biternate compound and each of leaflet is divided into three smaller sections. The red or orange nodding flowers with yellow centers bloom from April to August. It is a great nectar source for butterflies and hummingbirds.
アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、2013年06月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp