アラビス・カエルレア [Index] [Back]

Arabis caerulea

Arabis caerulea

Arabis caerulea

Arabis caerulea

ヨーロッパアルプスにに分布しています。標高1900〜3500メートルの雪田に生え、高さは5〜10センチになります。基部の葉は卵形で厚く、縁には尖ったような鋸歯が3〜5個あり、ロゼットを形成します。茎葉は無柄です。6月から9月ごろ、短い総状花序をだし、青みがかった白色の花を咲かせます。
アブラナ科ヤマハタザオ属の多年草で、学名は Arabis caerulea。
英名はありません。
Arabis caerulea belongs to Brassiaceae (the Mustard family). It is a perennial herb that is native to European Alps. This herb grows in snow patches 1900-3500 m elevation and can reach 5-10 cm in height. The basal leaves are thick, ovate with apically 3-5 dentate and form rosette. The cauline leaves are sessile. The bluish white flowers come in short racemes from June to September.
[上・中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」
にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp