あらかし (粗樫)

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

Quercus glauca

わが国の本州、宮城・石川県以南から四国・九州、それに中国やインドシナ半島に分布しています。山野の雑木林に生え、高さは20メートルほどになります。葉は倒卵状長楕円形で、上半部には大きな鋸歯があります。4月から5月ごろ、新枝の下部に雄花序が下垂し、その上部に雌花序が直立してつきます。ドングリの殻斗には6〜7個の輪層があります。材が硬く、農具の柄などに使われますが、名前は「堅木」あるいは「堅し」に由来します。
ブナ科コナラ属の常緑高木で、学名は Quercus glauca。英名はありません。 
"Ara-kashi" (Quercus glauca) belongs to the Fagaceae (the Beech family). It is a tall evergreen tree that is distributed from Miyagi-Ishikawa Prefecture of Honshu south to Shikoku and Kyushu, as well as China and the Indo-China Peninsula. This tree grows in scrublands of mountains and fields, and up to a height of about 20 m. The leaves are obovate-oblong with large toothed edges at upper-half of leaf blades. The male clusters are descending at lower-half of new branches and the female clusters stand upright at the top, from April to May. The cupules have 6-7 circular layers. This timber is hard and used for making handles of farm implement. 
[上・中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年04月12日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市逢阪「清滝峠」にて、2004年04月25日撮影。
[中3〜中5] 大阪府東大阪市上四条町「なるかわ園地」にて、
2005年10月03日撮影。
[中6] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年11月21日撮影。
[中7・中8] 福岡市中央区「福岡市植物園」にて、2017年10月06日撮影。
[中9〜10・下] 佐賀県吉野ヶ里町「吉野ヶ里歴史公園」にて、2017年10月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp