アルクトテカ・カレンドゥラ

Arctotheca calendula

Arctotheca calendula

南アフリカとイベリア半島が原産です。無茎で横たわり、直径50セン
チほどに広がります。やや銀色をおびた葉は深く切れ込み、基部で
ロゼットを形成します。花期は長く4月から10月ごろまで。鮮やかな
黄色の花を咲かせます。花は昼間に開いて、夜閉じます。暖地で
は、路地で冬越しができます。
キク科アルクトテカ属の多年草で、学名は Arctotheca calendula。
英名は Cape weed。
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年05月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp